インプラント治療 Implant

インプラント

歯が無くなった場合、従来であれば「入れ歯」や「ブリッジ」にて治療を行いますが、インプラントはより自分の歯に近いコンディションにて通常の生活をおくることが可能です。

インプラント治療の流れ

歯が無くなった場合、従来であれば「入れ歯」や「ブリッジ」にて治療を行いますが、インプラントはより自分の歯に近いコンディションにて通常の生活をおくることが可能です。

(1)審査・診断 ※高松中央病院・香川医大口腔外科にて
インプラントを埋め込む顎の形や噛み合わせを審査するため、お口の中の型をとります。
顎の骨の量や質を検査するためレントゲン撮影、またはCT撮影を行います。
(2)手術 ※高松中央病院・香川医大口腔外科にて
麻酔をかけて行いますので痛みはありません。
骨を削りインプラントを埋め込み、蓋を取り付けて粘膜を閉じます。
骨の状態などによって、術式が異なります。顎の骨の量や質を検査するためレントゲン撮影、またはCT撮影を行います。
【1回法の場合】
1回法の手術の場合は、大きめの蓋を取り付け、お口の中にその蓋が見えるようにして手術を終了します。
【2回法の場合】
2回法の手術の場合は、一度目の手術の治療期間終了後、粘膜を開けて、大きい蓋に取り替える二度目の手術を行います。
(3)仮歯装着 ※高松中央病院・香川医大口腔外科にて
・治癒したところで場合によっては、仮歯を作り、実際に使用していただきながら形態や装着感などを確認します。
・噛み合わせや強度に違和感があれば歯科医師と相談し、本歯の作製に向けてデータを集めていきます。
(4)最終的な歯の装着
・仮歯の装着で得た情報を基に歯並びや色をチェックして最終的な本歯を作製します。
・作製した本歯を装着し、治療が完了します。
(5)メンテナンス
治療が終わった後も、定期検査をしながらきちんと管理していきましょう。