入れ歯 False Tooth

入れ歯でお悩みの方

  • ・自分にぴったり合う入れ歯がほしい
  • ・入れ歯がすぐにはずれてしまう
  • ・噛んでいると痛みがある

など、入れ歯でお悩みの方の多くは、使用している入れ歯が患者様に合っていないことが考えられます。
当院では、型取りから丁寧に行い、患者様一人ひとりに合った入れ歯を作製し、このようなお悩みをなくしています。

保険適用と自費の入れ歯の違い

入れ歯は保険が適用されるものと、自費のものと2種類あります。それぞれにメリット・デメリットがありますので、患者様に合うほうをお選びください。

  特徴 噛み心地 熱伝導
保険
保険が適用され、費用は安く済みますが、「レジン」という素材しか使用できません。強度を高めるために厚めに作られるので、熱が伝わりにくかったり、違和感がある、というのが欠点です。
見た目にも、多少目立ちやすいというのも欠点です。
強度が低いので、あまる強く噛むことができません。 強度を高めるために厚く作られているので、違和感があり食べ物の熱が伝わりにくいです。
自費
患者様のご要望に合わせた素材を自由に使用できま。入れ歯を固定するための金属のバネがないものや、食べ物の熱を伝えやすいものなど、見た目・機能にこだわった入れ歯が作製できます。
ただし、保険が適用されないため、費用が高額になってしまう場合があります。
強度が高く、しっかり固定されているので、噛み心地もよくなります。 保険適用の入れ歯よりも薄く作れるため、食べ物の熱を通しやすく、違和感を感じることなくおいしく食べることができます。

入れ歯の種類

保険適用で作製できる、プラスチック製の入れ歯です。
強度が弱いため、厚めに作製するので違和感があり壊れやすいですが、費用も安く、簡単に修理できるというメリットもあります。
入れ歯を固定するための金属のバネ(クラスプ)を使用しない入れ歯です。
軽くて薄いうに、金属を使用しないため、金属アレルギーの方も安心してご使用いただけます。
上顎に接触する部分を金属で作製した入れ歯です。
薄くて丈夫に作製することができ、違和感がなく食べ物の熱を伝えやすい、というメリットがあります。

入れ歯の金属部分をカラフルでオシャレなものにしたり、ゴージャスなダイヤ入りのものにしたりと、オリジナル入れ歯 の作製も行っています。ぜひお気軽にご相談ください。