小児歯科 pediatric dentistry

子どもの歯はむし歯になっても痛くない?

子どもの歯(乳歯)のむし歯は大人の歯(永久歯)のむし歯よりも進行が速いのですが、痛みはあまり感じません。
痛みを訴える頃にはむし歯がかなり進行していることが多く、むし歯が歯の神経まで達していることもよくあります。
また、見た目は小さくても、中で広がっている場合があります。保護者の方が子どもの口の中を見てむし歯がないと思っても、定期的に歯科医院に行くことをお勧めします。また、歯に色がついているなど、むし歯かな?と思ったら歯やめに歯科医院に行きましょう。

乳歯のむし歯は放っておいてもいい?

子どもの歯はいずれ生え変わるからといって、むし歯を放置することはよくありません。むし歯があるとうまく噛めなくなり、栄養を十分に摂ることができなくなります。
歯の神経まで達したむし歯を放置していると、歯の根に膿がたまり、後から生えてくる歯(後続永久歯)の形や質も影響を受けてしまいます。また歯並びにも悪い影響を及ぼします。
むし歯によって歯の形が崩れると、噛み合わせのバランスが崩れて顎の成長にも影響が生じます。
将来の健康な大人の歯のためにも、子どもの頃から正しい食事と歯磨きの習慣を身につけましょう。
そのためにも、定期的に歯科医院に行くことをお勧めします。